杉田守康先生の記念像並びに顕彰碑を建立すべく、有志による建立委員会を立ち上げ、このたび正式に発足致しました

委員長挨拶

  • HOME »
  • 委員長挨拶

建立事業完工に寄せて

地域を愛し続けた杉田守康先生
「偉大な功績、永く後世へ」

杉田守康先生記念像・顕彰碑建立委員会
委員長 杉田 政行(万田野町会長)

 建立委員会の発足から約1年、杉田守康先生の記念像がゆかりの髙瀧神社に完成し、5月6日の除幕式を迎えることができました。また地元の万田野自治会館敷地内にはいち早く、先生の功績を讃える顕彰碑も設置されました。今回の事業に際して、ご協力、ご協賛を賜りました多くの皆様に改めまして深い感謝とお礼を申し上げます。

 たまたま万田野町会の役員を仰せつかっていたことで、壮大な事業の責任者を引き受けることとなりましたが、周囲の全面的なお支えで完遂することができ、まさに感無量の思いです。同時に生前の杉田先生がいかに「地域を、市原市を愛していたか」、また多くの方々を魅了して来られたか、今更ながらに痛感しております。

 今回の事業を改めて振り返りますと、昨年3月末、地元町会や加茂地区の有志から「杉田守康先生の功績を永く後世に残したい」との提案があったのが始まりです。もともと実業家、政治家として地域を愛してこられた杉田先生は、万田野ばかりでなくまさに「加茂地区の恩人」でした。

 「来年(令和元年)5月は先生の7回忌。節目の年に合わせ記念となる事業を」と、多くの方々から賛同の声が寄せられ、記念像と顕彰碑、さらに記念誌の制作が決まり、委員会として1年掛かりで取り組んできました。HPなどの立ち上げにより、予想以上の反響と合わせ協賛金も集まり、当初の計画よりさらに素晴らしい記念像を制作することも叶い、無事除幕式を迎える運びとなりました。

 最後になりますが、皆様のお支えで完成した「記念像・顕彰碑」を後世に残していくため維持、管理していくことも私たちの使命と考えております。今後ともご指導、ご協力を賜りますようお願いし、建立事業完工のご挨拶とさせて頂きます。

PAGETOP
Copyright © 杉田守康先生記念像・顕彰碑建立委員会 All Rights Reserved.